top of page

新型コロナウィルスPCR検査

更新日:2022年12月22日


オミクロン株は発熱・頭痛・喉の痛みが特徴です。症状がある方はまずは電話をください。ただインフルエンザも流行していますのでコロナとインフルエンザの抗原定性検査(同時に両方が検査できます)をしてコロナかインフルエンザかを判断します。


現在はオミクロン株の急増のためPCR検査は1日~2日はかかりますので現実的ではありません。当院ではコロナ・インフルエンザ抗原定性検査をします。



①発熱37.5度以上で匂いや味がわからないあるいは咳や息切れがひどいなど

 コロナウィルスに感染の疑いが強くある方(保険診療 3,000~4,000円)。

②準濃厚接触者や2週間以内に海外渡航より帰国された方など自覚症状はないけど

 コロナウィルスの感染の不安が少しでもある方(自費診療 NEAR法で20,000円)。


少しでも感染が疑われる方で検査を希望される方は092-291-2270まで

電話をください。



尚、陰性確認なども自費でNEAR検査しております。

何かわからないことがあれば 092-291-2270 まで電話をください。

但し、陽性となった場合は保健所に届けます。必ず保健所の指示に従ってください。


検査の日時は月曜日・火曜日・木曜日・金曜日の朝8時半からと昼15時から実施しています。水曜日・土曜日は朝8時半からのみ検査をします。


          月   火   水   木   金   土   8:30~12:00      ○   ○   ○   ○   ○   ○   15:00~16:00 ○   ○       ○    ○      






閲覧数:4,177回0件のコメント

最新記事

すべて表示

遺伝子検査(核酸増幅検査) PCR法とNEAR法

ウィルス検査として一般的に遺伝子検査のPCR法があります。核酸増幅法を用いますが その中に等温核酸増幅法があり、特に高スピードで高精度のNEAR法があります。 当院も2021年9月1日よりNEAR法を新規採用しました。 Abbott社のID-NOW™新型コロナウィルス2019テストは15分で結果がわかり精度もPCRと大差なく信頼性が高いようです。令和2年10月20日に厚労省より承認されました。 た

Comments


bottom of page