新型コロナウィルスPCR検査

更新日:4月2日


オミクロン株は発熱・頭痛・喉の痛みが特徴です。症状がある方はまずは電話をください。


現在はオミクロン株の急増のためPCR検査は1日はかかりますので現実的ではありません。


ただし2020年11月より結果が15分でわかるNEAR法を行っています。

PCRと同じ核酸増幅法です。


①発熱37.5度以上で匂いや味がわからないあるいは咳や息切れがひどいなど

 コロナウィルスに感染の疑いが強くある方(保険診療)。

②準濃厚接触者や2週間以内に海外渡航より帰国された方など自覚症状はないけど

 コロナウィルスの感染の不安が少しでもある方(自費診療)。


少しでも感染が疑われる方で検査を希望される方は092-291-2270まで

電話をください。


費用はPCR検査料が24,000円 (税込み)、15分で結果がわかるNEAR法が20,000円(税込み)です。

尚、陰性確認なども自費でPCRあるいはNEAR検査しております。ただし濃厚接触者に認定されれば保健所が検査をいたします。

何かわからないことがあれば 092-291-2270 まで電話をください。

但し、陽性となった場合は保健所に届けます。必ず保健所の指示に従ってください。


検査の日時は月曜日・火曜日・木曜日・金曜日の朝8時からと昼14時半から実施しています。水曜日・土曜日は朝8時からと11時半からと検査をします。


             月   火   水   木   金   土   8:00~9:00        ○   ○   ○   ○   ○   ○   11:30~12:30      ○           ○   14:30~16:30    ○   ○       ○    ○      






閲覧数:3,699回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ウィルス検査として一般的に遺伝子検査のPCR法があります。核酸増幅法を用いますが その中に等温核酸増幅法があり、特に高スピードで高精度のNEAR法があります。 当院も2021年9月1日よりNEAR法を新規採用しました。 Abbott社のID-NOW™新型コロナウィルス2019テストは15分で結果がわかり精度もPCRと大差なく信頼性が高いようです。令和2年10月20日に厚労省より承認されました。 た

よってPCRによる陰性証明書の発行が遅れます。余裕をもって予約してください。 ただNEAR法(核酸増幅法)であれば15分後に判定でき証明書もすぐ渡せますので NEAR法で良いか大使館や航空会社等に確認してください。 米国・ハワイ・韓国・台湾 はNEAR法でも可能 *現在、米国・ハワイは陰性証明書は必要なし!(拡大傾向) 海外渡航用のコロナ陰性証明書を作成します。ビジネストラック、レジデンストラック